読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と、にゃんこ先生と[改]

Never done before!ああぁ 選ばれし者の、恍惚と不安ここにあり。

火星移住とか募集してないかね?

 

アイフォンなんてもう世に出て経つのに、いまだに僕は企画書のアウトラインを鉛筆で描いているのですが。

 

 

中学生の頃に父からローマクラブの「成長の限界」をもらって読んだ時には、僕が大人になったときの地球はどうなっちゃうの!?なんて純粋に不安に思ったわけだけど、まったくそんな心配なくて、逆に原油の値段が下がっていたり。

 

こう思うと。

 

地球や人類社会なんて一向に良くはならないのかもしれないし、
すでに、いま、この時点が、「人類のベスト」なのかもしれないじゃない?

 

人類は随分とずーーっと同じことやってる。変わらず。懲りずに。飽きもぜず。

 

そして人類は、永遠の停滞から疲れて、滅亡するんじゃないか?って。

最近思うわけですよ。

 

 

 

ただ、

人類社会の成長の限界が、今だとしても、これ以上伸びしろ無いにしても。
個人の人間としての成長に、限界は無いのだから、
ななめ45度くらいで、飛び出して、そのまま火星にいきたいくらいです。

 

僕が行きたいのは、木星の衛生「エウロパ」 ゼウスが恋した王女の名を冠したこの衛星は、どうやら生命の可能性も・・・。可愛い宇宙人でありますように。

 

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

カルボナ~ラ天一

天一との出会いはいつですか?

最近、天一でドキドキしましたか?私、しました。

f:id:aji_kazu:20160130005033j:plain


天一(天下一品)を初めて食べたのは、大学を卒業して就職して一年目とかでした。当時
大学からお付き合いしていた彼女に連れられた五反田の天一でした。

私は東京で某家電SブランドのハウスのSP制作会社。彼女は広島の某自動車メーカーの東京のハウスの広告制作会社。私と違って彼女はしょっちゅう広島や関西方面に出張をしており、そのときにどうやら天一に出会ってしまいその衝撃を抑えきれなかった様子。

「とにかくスープがドロドロで少なくてポタージュ」

そんな説明をされながら、食べ、そして驚愕した記憶があります。

「ほんまや、ポタージュや・・・。」

そして私の知らない世界をひらいていく彼女に嫉妬したものです。
悔し涙の味がしました。(嘘です。)

当時の気持ちはどこへやら。。。
時々食べたくなる中毒性の高いラーメンの一つですが、あの時の新鮮さはなくなっていました。


そう。
一昨日食すまでは。


f:id:aji_kazu:20160129235846j:plain


この漫画、ご存知でしょうか?
「ラーメン大好き、小泉さん。」
JKがひたすらラーメンを食べる漫画です。

この第一巻に天一が登場します。
主人公のその特異な食べ方が、衝撃でした。

マネしたら、大変でした。まっしぐらでした。
猫まっしぐら。


その1.ラーメンこってりの定食を頼む
    この場合、からあげ定食または豚キムチ定食が望ましいでしょう。

その2.トッピングで半熟たまごを追加
    ゆで卵ではなくあくまで半熟を。

その3.着丼したら、まずはラーメンこってりを半分食べる。(半分残す)
    たまごにはまだ手をつけない

その4.ご飯とからあげなどを優雅にいただく
    その間、ラーメンには手をつけない。
    たっぷり時間をおく

その5.ラーメンこってりが、こってりスープを十分に吸って伸びかけていることを確認

その6.半熟たまごを割って、ほぼスープを吸った麺に絡めていただきます。



充分に濃厚スープを吸ったもっちりした麺、カラマルとろとろの黄身。
濃厚なカルボナーラを食べているような、もっさり感。

マネすると大変です。中毒性が特に高くて。。


食べ方ってそれぞれだけれども、
新しい発見って、まだまだあるもんです。世界は広い。
というお話でした。

ちなみに、餃子を食べるときと、レバーのタレを食べるときに、
カラシで食べるのが大好きです。覚えておいてください。

エリザベス


うちにお住いの黒猫さん2名
はぁ。なんて黒猫はこんなに可愛いのか。

そのうちの、もうすぐ3月で1歳になる海苔(♂)は先日去勢手術を終えまして。

現在はこのようにエリザベスをつけています。
エリザベスとはよくいい名前ですが、このおかげでどうやらご飯が食べづらいご様子。また顔周りの距離が測れないようで、いろんなところにエリザベスをぶつけては、ふてくされています。
しょうがないんだよ、海苔くん。この世は理不尽と不平等でできているんだ。

もう一人の黒猫はメスなので、避妊手術は前の日から入院させて、帰ってきたら首下は包帯でぐるぐる。エリザベスもつけて、仰々しい騒ぎでしたが。
オスの場合はエリザベスだけ。
しかも縫うこともないのだとか。とても簡単。
ちょっとお尻のしたを切開して、おちんちん取って、終わり。。。。

男のおちんちんって、所詮そんなものなんでしょうか?メスとのこの違い。。。。
あまりに、あんまりに簡単じゃないか?と。不平等極まりないと。
大丈夫、きっと良いことあるって。気にするなよ、海苔くん。


立派なおかまちゃんになってください。海苔くん。

f:id:aji_kazu:20160129072800j:imagef:id:aji_kazu:20160129075710j:image
※会社の後輩ちゃんにいただいた、ウェット猫缶にまっしぐら。よかったね。


クリエイティブなコトは朝に。

仕事を朝型に変えようとしてるけどどーだろー

朝型の仕事をしている人で、「この人すげー仕事できるな~」って思う人が
いるわけでは無いのだけれども(本当の話。)
職種にもよるんでしょうか。わかりませんが。

それでも「朝型」に変えなくてはと思ったのは
企画の発想力が、どうも二次曲線を描くように、面白くなくなっている気がするから。

打合せや作業関係が終わって、一息ついた夜にかけて、企画を考えても
疲れきった脳みそだと、いささか発想に鮮度がないような気がしてきたわけ。

とある本だと「朝」のほうがクリエイティブな仕事に脳みそが向いているのだとか。。。
なるほど、そういうものなのね。

だから、仕事は

・午前中   企画作りまたはハード打合せ → 脳みそを酷使するものを。
・午後2時から夕方 打合せ、連絡伝達、書類作り
・夕方から夜 事務書類関係、資料探し

こういうブロックで出来る限り構成したい、と思う42の春。
センテンス・スプリング!

f:id:aji_kazu:20160128100345j:image

猫居酒屋に行きたい。


おいおい

おいおい。

大学生の頃、地方(山口県)から東京に出てきて大学に通う友人と、
まぁ、大学も八王子の山奥の相原という、それはそれは田舎なのだけれど、
渋谷で買い物に連れ立った時に、渋谷のマルイをみて、

「あ!知ってる!オイオイ(◯I◯I)っちゃね!」

と、交差点で叫ばれて恥ずかしい想いをしたのがもう20年も前とは・・・

恐ろしい。

f:id:aji_kazu:20160126104345j:plain

そして、マルイがモディになっていた。
でかいビジョン付けて。
屋外広告条例、変わった?でかすぎない?

渋谷の街は常に変わり続けているから、面白いけど
もうこの街からは新しいものが生まれそうにはないか、と
感じた。

アングラで異世界な密会。デパートメントH

最近、仕事に忙殺されてすっかり余裕もない日々ではあります。
いやしかたない、選んだ世界だ。でもそんなに面白がっている時間がない
そんな世界。

ある程度大人になると、社会人経験も増えて日々のなかであまり驚きや
新しいことに出会うことも、稀なことになってしまうのが、なんだか寂しい。
(まあしょうがない、40を超えたのだから)

でも、まだまだ、世界は深い。

まったく見知らぬ世界を見てみようと、
東京のアンダーグラウンドイベントの老舗「デパートメントH」に行ってみました。会社の後輩をつれて。
(興味ないひとはググらないほうがいい。あと会社ではググらないほうがいい)
その手の世界の人々のなかでは、相当有名なイベントの「デパートメントH」
その手というのはサブカルやエログロの世界のことですが・・・。



場所は、鶯谷駅すぐの、元ストリップ劇場。
オープンは深夜の0時、終わりは朝の5時。
もうこの時点で怪しさが満点ですが、決して法の外のイベントではないのです。
鶯谷なんて、大学時代にラブホテル使うために一回降りた程度の記憶しかない)

飲食の持ち込みは自由(というより館内は飲食がまったく売ってはいない)
写真付きのIDチェックを受けないと、入場が許されません。
厳しいですが、この厳しさを管理しているのは、巨大なドラッグクィーンの方々。ドラッグクィーンなんて昔新宿のCODEってクラブがあったときに、よく見たくらいで最近お会いしてなかった。

入口でIDっチェックをするのは、身長180センチ近くマツコデラックスのような巨体で赤いウィッグと分厚いファンデーション、カラコンをつけたドラッグクイーン。
(数名女の子の集団がIDを忘れて入場できていなかった。)

IDチェックを受け、エレベーターで昇っていくと、扉が開いた瞬間に、別世界が広がります。


受付を通って出迎えられるのは、全身を着ぐるみの人形(ラバードール)を着たキャラクターたちと、ガラスの水槽で紙幣に埋まっている、ほとんど裸の女の子。
オープニングから相当強烈!!って思いましたが。
それは、前菜に過ぎないのです。。。オードブルです。


f:id:aji_kazu:20150913224831j:plain
こちらがラバードール
水槽ガールは、自主規制です(涙)

f:id:aji_kazu:20150913224918j:plain

f:id:aji_kazu:20150913224937j:plain

ステージでは、ドラッグクイーンの人たちが盛り上げてくれます。みな独創的で輝いていました。


f:id:aji_kazu:20150913224959j:plain

美しい人のストリップもありました。
なんでしょう。こういう場で見ると全くいやらしくなくて、美しいばかりでしたね。流石に元ストリップ場だけはあります。歴史が背景となって演出してくれているようです。
このデパートメントH
お客さんの30%は女性です。あと30%が男性。
そして残りは、その判断が難しい人たちです(汗)


f:id:aji_kazu:20150913225015j:plain

f:id:aji_kazu:20150906024049j:plain

そして、また圧巻だったのが大蛇を体に巻き付けた女王様と、メイド服に身を包んだM嬢による緊縛ショーです。独創的なバイオリンの音楽とともにステージに広がる怪しげな世界は、ちょっと他では見れないでしょう。

会場内はとにかく特殊な趣向の人たちが、たくさんいます。その世界はもっともアングラな世界でしたが、もっとも人間らしい健全な世界だった気がします。
機会があったらまた絶対行きたい場所かも!

夏は餃子です。間違いなく。

梅雨なんだか夏なんだか
第2クォーターなんだか、え?経費今日まで?なんだかわからない天気が続いてますが。

餃子の王将コスパに震えながら食べてましたが、いつも、小さくて食べ応えない餃子だなぁと思っていた次第でありますし、一口餃子とかイミフって思っていた次第でもあります。

最近になって。

新橋の天下一。
もちチェーン店なんだが。

ジャンボ餃子。
秀逸。

f:id:aji_kazu:20150701092746j:image

個人的には渋谷にかつてあった龍の髭の餃子が大好きだったんだけど、それに近しい大きくモチモチした餃子!

餃子ってこうじゃないと!