読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と、にゃんこ先生と[改]

Never done before!ああぁ 選ばれし者の、恍惚と不安ここにあり。

俺イタ・俺フラ・オレオレ

寒いです。今年は雪がまだ東京は積もっていません。
成人式近辺で降って、東京はパニックになるのに・・・。
我が家の前の坂道で、動けなくなるドミノピザのスクーターを助けずに
済んでいます。
雪の日に、ピザ頼むの、みんな、やめてやってくんないかな?

さて、そんな寒空のなか、友人女子と飲みに銀座に出ていたわけです。
銀座に出るって言っても、職場なのでまったく特別感が出ません。本気出せません。
そして、クリスマス&年末と怒涛の欲望を飲み込んだ後の
銀座も、同様に本気を出していない気がしました。
(この時期の銀座だったら友達になれそうです)

コリドー通りに出て、あっついおでんとたこ焼きを!と思って「たこ八」を
覗くとすでにいっぱい。あっつあつを瓶ビールで流したかった!のに!



だから隣のビルの「ロックフィッシュ」に行こうと。
銀座ナンバーワン、いや世界ナンバーワンの「ハイボール」を飲もうと。




いっぱいだった。

思い出がいっぱいだった。オフコース(泣)なんてこった。
ここまで来て飲めないのもつらい。
三杯飲んだらいつのまにかクラクラになる「ハイボール」を飲みたかった。
肴はあぶったイカでよかった。

がっかりしていたら一緒の女子から「俺イタ、空いてたよ?」

俺のイタリアン。
いつから君のものになった?と問い詰めたい店。
僕は、どこか避けていた「俺の~」シリーズ。
なんでか?
どーも、なんだか好きになれない「俺の~」シリーズ。
俺のやきとり、俺の揚子江、俺の~、俺の~。


ねえ?知ってますか?
飲みの席でずっと自分の話しかしない人って、嫌われることを。
「お前、よくもまぁずーーーと自分のことばっか話せるな」って。

僕はそんな人を見かけると「misono」って呼んでます。


そしてコツコツおいしいイタリアンを作ってきている銀座のお店に対して
「俺の~」だけで乗り込んでくるその黒船の雰囲気が!
ペリーめぇ!開国なんてしないぞ!っと。

そんな嫌悪感があって行こうとも思わなかった。

そう、今日までは。

でも、寒い。この日は寒さがスペシャル。毎日がスペシャル。
「・・・もう、一回だけだかんね!」的な二次元のアニメヒロインのように
足を運んだわけです。「俺イタ」へ。


お店に入るときに、言われたことがありました。
「音楽チャージが000円つきますがいいですか?」
はい?って、夏なら聞いてた。
でも僕らはすっかり冬将軍に負けて黒船来航。
ペリーに白旗振りながら、「はやく!はやく店に入れて!」の思いです。


店に通された席が、目の前に楽器がどーーーん。
まさかの砂被り席。
極上の甘いささやきすら消される距離です。
本当によかった、デートじゃなくて。
(デートで俺イタは選ばないか…)

一杯目は、泡。黒船の船員のすすめるままに泡。
料理は?っていうと、確かに安い。
でも、特別唸るようなおいしさを感じるかってと、そうでもない。
僕的に総評するなら「料理は普通!」
銀座ってもっとおいしいイタリアン、あるかんね。

▼たとえば東銀座のアナスタシア
 前菜も悶えるほど旨い。

アナスティア (Anastia) - 東銀座/イタリアン [食べログ]



しかし「俺イタ」良かったこと。
目の前にどーーーんのライブが、良かった。
すごく小さなジャズセット。
ピアノ、コンバス、ドラムセット。
でも凄くこじんまり良かった。
ドラムを女の子が叩いていたんだけど、このこが可愛い。
いや、外見の可愛さではなくて、セットに向かう姿や
音に耳を傾ける姿がとにかく可愛い!


っで、結局そんなんだから、食べ物の印象は限りなくうっすいわけで。
個人的にはもう行かないなって思ったわけであります。

サイゼリアのラザニアで、いいかな?って思うわけです。
サイゼリアの紙パックのワインでもいいかな?って思うわけです。
あー、俺のサイゼリア行きたい。