私と、にゃんこ先生と[改]

Never done before!ああぁ 選ばれし者の、恍惚と不安ここにあり。

ホルモンとベビー

家でいつも何飲んでるかって?
そうね、大体ウォッカトニックですね。ええ、村上春樹の影響ですね。

いつからお酒、飲んでました?って覚えてる?
覚えてる。
とにかく僕の育った千葉の佐倉は、冬の風がさっむい。
何が寒いって、風、よけるような建物無かったしね。
見渡すばかりの田園風景だったし。
トトロの猫バス、全力で走っちゃうぜって!
まさかここ風の谷?ってくらい。

そんななか、中学生で塾とか通うわけです。自転車にのって、電車乗り継いで。
さっむいなか、震えながら。
で、死んじゃいそうな時に、思い出すじゃない?
アルプスの救助犬の首にはウイスキーかブランデーの樽がついていることを。


ほんと、知恵の実を食べてしまった人間の業っすな。


昔から何故か親からはクラシックのコンサートやらミュージカルやら
音楽的なものに連れてってもらう機会が多く、今考えればありがたいと
思うんだけど、ぶっちゃけ、中学生程度だと、
寝るね。
育っちゃうから。
寝るよね。

中学からブラバン初めて楽器を扱うようになって、だいぶ音楽に対しての
姿勢っチューの?は変わったけども。
でも、寝るってば。

育っちゃうから。

っで、高校生の時に出会ってしまったわけ
GUNS N' ROSESとかMETALLICAとかMOTLEY CRUEたちに。
そこまでクラシックやポップスしか聞いてなかったし
まあBOWYくらいまで。
衝撃だったなぁー。

巨神兵?ってくらい。インパクトが凄かった。
かっこよかった。
圧倒的だった。

全滅だった。
おニャン子だって、マドンナだって、マイケルだって
巨神兵に一発だった。僕の中では。

初めて行ったライブは高校生の頃に友人に誘われていった
MOTLEY CRUEの武道館のライブ
周りは革ジャン。ガチでおっかない大人ばかり。
お手元のそれは、メリケンサックですか?って。
その首輪、ご自宅用ですか?って。
その腕のマーク、シール?イトーヨーカ堂で売ってますか?って。

そこに千葉の田舎から出てきた二人。
もうおっかないの。
でかいオームに囲われた子供の気分。

ラン? ランララ?ランランラン?

っでも、でも、そのライブがかっこ良かったーーー。
あの時は誓ったね、おれ、不良になっちゃう!って。
お父さん、お母さん、ごめんなさいって。
もう、風の谷は救えませんって。
だって、オームを導いちゃったもんって。

そんなんで、僕は、そういうちょっとやんちゃでヘビーな音楽が好きで。
マキシマムザホルモンとかも大好きなわけです。
ドラムの紅一点のナヲさんとかの女性の声とヘビーな音楽との相性とか、そのギャップとかも。

最高なわけです。

▼こんなん。最高

マキシマムザホルモン ぶっ生き返す PV - YouTube


▼新しいドラゴンボールの映画の劇中歌は、これらしいよ。
いいんだよな。これも。歌詞がドラゴンボールなの。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 INSERT SONG: Freeza by Maximum The Hormone - YouTube


そんなベースがあるから、話題のBABY METALもお手本どおり
はまってしまったわけ。

アイドルっぽい可愛いい声と、そのサウンドに。
とんでもないものを生みましたね。アミューズ。流石。

▼こんなんね。サイコー。

BABYMETAL Catch Me If You Can LIVE - YouTube



可愛い女の子が、外国のメタルの祭典に出たり
屈強なオームを従えてライブをこなす姿は圧巻。
だいたい、ツインテールと、ぷにぷにのベビーフェイスと、メタルって。
その相反する記号の集合のカオス具合。そのバランス。

ライブのDVDは一見の価値はあると思う。
CDじゃなくてライブね。ライブ。

ぜひ見てほしいわー、
みんなに。