読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と、にゃんこ先生と[改]

Never done before!ああぁ 選ばれし者の、恍惚と不安ここにあり。

カルボナ~ラ天一

天一との出会いはいつですか?

最近、天一でドキドキしましたか?私、しました。

f:id:aji_kazu:20160130005033j:plain


天一(天下一品)を初めて食べたのは、大学を卒業して就職して一年目とかでした。当時
大学からお付き合いしていた彼女に連れられた五反田の天一でした。

私は東京で某家電SブランドのハウスのSP制作会社。彼女は広島の某自動車メーカーの東京のハウスの広告制作会社。私と違って彼女はしょっちゅう広島や関西方面に出張をしており、そのときにどうやら天一に出会ってしまいその衝撃を抑えきれなかった様子。

「とにかくスープがドロドロで少なくてポタージュ」

そんな説明をされながら、食べ、そして驚愕した記憶があります。

「ほんまや、ポタージュや・・・。」

そして私の知らない世界をひらいていく彼女に嫉妬したものです。
悔し涙の味がしました。(嘘です。)

当時の気持ちはどこへやら。。。
時々食べたくなる中毒性の高いラーメンの一つですが、あの時の新鮮さはなくなっていました。


そう。
一昨日食すまでは。


f:id:aji_kazu:20160129235846j:plain


この漫画、ご存知でしょうか?
「ラーメン大好き、小泉さん。」
JKがひたすらラーメンを食べる漫画です。

この第一巻に天一が登場します。
主人公のその特異な食べ方が、衝撃でした。

マネしたら、大変でした。まっしぐらでした。
猫まっしぐら。


その1.ラーメンこってりの定食を頼む
    この場合、からあげ定食または豚キムチ定食が望ましいでしょう。

その2.トッピングで半熟たまごを追加
    ゆで卵ではなくあくまで半熟を。

その3.着丼したら、まずはラーメンこってりを半分食べる。(半分残す)
    たまごにはまだ手をつけない

その4.ご飯とからあげなどを優雅にいただく
    その間、ラーメンには手をつけない。
    たっぷり時間をおく

その5.ラーメンこってりが、こってりスープを十分に吸って伸びかけていることを確認

その6.半熟たまごを割って、ほぼスープを吸った麺に絡めていただきます。



充分に濃厚スープを吸ったもっちりした麺、カラマルとろとろの黄身。
濃厚なカルボナーラを食べているような、もっさり感。

マネすると大変です。中毒性が特に高くて。。


食べ方ってそれぞれだけれども、
新しい発見って、まだまだあるもんです。世界は広い。
というお話でした。

ちなみに、餃子を食べるときと、レバーのタレを食べるときに、
カラシで食べるのが大好きです。覚えておいてください。