私と、にゃんこ先生と[改]

Never done before!ああぁ 選ばれし者の、恍惚と不安ここにあり。

あの震災から20年って考えて過去を振り返って、震えた。

 

もうあの神戸の震災からもう20年経ったんですね。

時間は誰にでも平等に流れるんですね。金持ちでも、貧乏人だろうと。

神戸新聞NEXT|連載・特集|阪神・淡路大震災|震災20年

あの神戸の震災の時に、どこであの惨事を知ったのか・・・。

 

僕は大学生で明るく元気な彼女もいて、でも大学生の特権の

「ただ無駄に時間を消費する」ってことをしていた気もする。(いやその通り)

 

当時はネットがバリバリです!って世の中じゃなかったから、あの地震

惨状がどこか遠くで感じていて。

当時バイトしていた商店街の売れない居酒屋でバイトしていて、

(なんであの店で働いていたのかな~)

オープン前に店を掃除して、玄関先に水を撒きながら店で流れていた

ラジオを聴いていた。

店の板さんとラジオ聴きながら

「この地震、なんか凄いことになってません?」

「ちょっと被害者、増えすぎじゃぁないっすか?」

なんて会話をしていたのを、思い出しました。

だってそうじゃない?

まさか、まさかあんなに人が死ぬ事態が、あの当時の日本で起きるなんて

僕は信じられなかったもの。

 

ラジオから聞こえる、その被害者の数は、ちょっと信じがたかった。

もちろん、そこで起こったことなんだけど。

 

あれから20年。

そういった情報は、目をつぶりたくても入って来る。

なんだか、誰も逃げられなくなった、そんな世の中になってきた気もするよ。

 

だから、夢を見るのが難しくなって来たのかもしれない。

でも、時間はみな同じ。だったらやっぱり夢を見よう。そうしよう。