私と、にゃんこ先生と[改]

Never done before!ああぁ 選ばれし者の、恍惚と不安ここにあり。

転職活動の所感的なまとめ ① 多様なエージェンシー

転職活動って自分のキャリアセットを改めて見直すことにもなって
また、市場での客観的な価値や、色々な会社が世の中に可能性として
広がるという部分では、有意義なものかと思う。

「なんで働いているんだろ?」って疑問に思ったら
始めて見るといいかも

気づいて転職をする場合もあるだろうし、そうじゃなく今の会社で
メキメキやる気が増幅するかもしれないし。

リクルートだけがエージェンシーではない

いまはとっても便利。恵まれているんでしょうね。
とてもたくさんの転職をサポートするエージェンシーが存在します。

プログラマーやWEBデザイナーを中心としたエージェンシーや
広告代理店、クリエイティブに特化したエージェンシー、また
個人の方で、経営者に近いポジションの求人を持っている人。


聞いたことのある有名なエージェンシーさんは、広く多様な求人を
抱えていますので、もらう求人の数がとても多い!!!
しかも聞いたことがある会社が、比較的多いかな?

また専門性が高いエージェンシーさんや個人の方は、求人の数こそ
少ないですし、聞いたことがない会社が多いですが、それでも
優良で魅力的な会社を持っているいる印象です。

求人を出す会社はエージェンシー選びをしっかりと。

人事担当で耳にするのが「求人を出したんだけどあまり応募が来ない…」
今回とても思ったのが、それはエージェンシー選びを見直した方がいいのでは?と。
世界的に有名な企業であれば、悩まず、どこのエージェンシーさんに出しても
沢山の応募が来るんだと思います。

でもB to Bのサービス事業者などは、社名が表になかなか出ません。

そういった会社がたとえば、リクルートやエン・ジャパンなどに求人を出しても
募集が相当難しいのではないか?と思います。

大きなエージェンシーさんは、それこそ有名企業の求人を沢山持っています。
転職登録をすると、すごいたくさんの求人を見ることができます。
あの大量の求人のなかで、なかなか目を引くようにするのは・・・・難しいでしょう。


自社のスケールにあって、自社をよく理解してくれる個人のエージェントさんや
専門性の高いエージェントに、お願いしたほうがいいでしょうね。



高学歴女子が新・専業主婦を目指す時代 - Ohnoblog 2



▲働き方が大きく変わる、転換期なのだと感じる記事です。
仕事は一つじゃなくていいと思うし、これが私の仕事と思った時点で
意義ある仕事になるんじゃないかな。
記事を読んでいると、女性の方が今の世界の変化に、柔軟に対応できているのかもね。

男子も頑張ろ―――!